笑顔のナース

下肢静脈瘤の治療方法|気楽に受けられる日帰り手術

広がりをみせる在宅医療

訪問診療

世田谷区の病院では患者さんの病状や健康状態に合わせて、在宅医療を選択することが出来ます。在宅医療では自宅で安心しながら治療を受けることが出来るというのが大きな特徴です。

詳細を確認する

免疫療法に必要な期間

手

免疫療法は最先端のがん治療です。免疫療法に興味がある人は具体的な治療の流れを確認しておきましょう。実際に免疫療法を受ける際にスムーズにことを進めることが出来ます。

詳細を確認する

安心安全な治療方法

脚

下肢静脈瘤は下肢の静脈内の弁がうまく機能しないことで、足の血液の流れが悪くなってしまう病気のことを言います。下肢静脈瘤の症状としては主に足のむくみや、疲労、皮膚の変色、痒みなどがあります。これらの症状は放置していると次第に悪化していきます。重症な下肢静脈瘤は皮膚の黒ずみやタダレ、出血などの症状が発症します。

下肢静脈瘤には、血管がクモの巣のように見えるクモの巣静脈癌、血管が網目状に浮き出る網目静脈癌、ボコボコと血管が浮き出てくる伏在静脈癌などの種類があります。これらの症状に合わせて治療方法を変えることも可能なため、しっかりと把握しておくことが大切です。下肢静脈瘤の治療は大阪の病院で受けることが可能です。下肢静脈瘤の治療方法としては主に、保存治療と手術療法の2種類に分けられます。保存療法では医療用の専用ストッキングを使用することで、症状の進行を遅らせることが出来ます。そのためこれ方法は完治させるものでは無いということを理解しておきましょう。また、足のだるさや皮膚の色素沈着、潰瘍などの症状が出ているという人は手術療法を選択しましょう。大阪では硬化療法、ストリッピング手術、レーザー治療の3つから選ぶことが出来ます。この中でもレーザー治療は入院する必要もなく、日帰りが可能なため多くの人が利用している手術方法になります。どの手術もほとんど痛みがないのが特徴です。一般的には包帯を外すまでの2日間は内服薬や座薬を使用し、3日目以降は入浴することも可能です。運動に関しては、医師に術後の経過を診断してもらいながら相談して決めると良いでしょう。

自律神経失調症の治療

カウンセリング

自律神経失調症は神経のバランスが乱れてしまうことで発症する病気です。一般的にはこれといって決まった治療期間が無く、患者自身の状態を見ながら治療を行なうのが特徴です。

詳細を確認する